貯金と借金返済、どちらを優先すべきか

貯金と借金返済、どちらを優先すべきかといえば借金返済が優先度が高いものです。理由としては、お金を借りている以上は、その手数料として金利を支払わなければいけません。このため時間が経てば経つほど多くの金利を支払うことになり、家計を圧迫する理由になりますし返済しない限り債務を負った状態で、いずれは誰かが精算しなければいけなくなります。また住宅ローンの場合には抵当権が設定されるので自由に住宅の処分が行なえません。またマイカーローンでも信販会社のものは所有権が信販会社といなっており、自由に名義変更が出来ないといった足かせの状態であるからです。つまり借金をしている以上は、その返済のために利息を支払う必要があり、それだけ余分なお金を払うことになります。
しかし、一方で借金返済を全力で行って貯金がないというのもやや問題があります。貯金は定期預金などを除けば手続きの必要がなく自由に使えるお金になります。このため病気や怪我などで急な出費が必要になった場合にすぐに用意できるものになります。このため、いざというときのために貯金をしておくことも大切です。いずれにしても収支のバランスを見て、借金と貯金をどのような割合とするのかを決めるのが無難です。